2020年の年間収支報告と2021年の戦略‼ 株式バブル、日経平均30,000円目前!

Pocket

2020年の年間収支

ブログでのポジョション報告は9月より始めたので、事後報告となります。

1月1日→12月31日

  • 株式        685,343円 →  976,184円
  • くりっく株365  3,481,848円 → 7,202,776円
  • ミニ日経225先物 1,125,964円 → 2,877,523円
  • FX         407,666円 →  651,155円
  •  合計       5,700,821円 → 11,707,638円 年間収支 6,006,817円

ブログを始める前は、12,500,000円だったので、利益を削ってしまいまた。

昨年、年始の時点では含み損を300万円以上持っていたので、コロナの暴落で利益を得ることが出来ました。日経平均20,000円割れから利確をしていき、19,000円割れから途転で買いに回りました。23,000円には買いポジは全て利確して、更なる上昇は売り転換しました。

この後は、何とかポジションを少なくして取引をいていたのですが、丁度ブログを始めてからは、上手く波に乗れませんでした。

さすがに相場の世界は、そう甘くはありませんでした。しかし、年間の取引としては、うまくいったと思います。

2020年末ポジション

収支は、前項で記載しているので、ポジションの画面を貼っておきます。

くりっく株365ポジション
くりっく株365
ミニ日経先物

ミニ日経先物
FX
FX

大発会と2021年の戦略

大発会の日経平均は続落。連休中にNYダウとS&P500が史上最高値を更新するなど、米主要3指数が揃って上昇したことから、朝方は買い先行で取引を開始。

ただ、緊急事態宣言発令への警戒感などから間もなく下落に転じ、下げ幅は一時400円を超えました。27,000円近辺では押し目買いが入り下げ渋る場面も見られたが、高値警戒感などが重しとなり、戻りは限定的でした。

大引けにかけては、手掛かり材料が乏しいなか27,200円台でのもみ合いとなり、結局185円安の27,258円で大発会の取引を終了。

日経平均は、緊急事態宣言を警戒して下げましたが、NYダウ先物は強いです。

しかし、NYダウもうそろそろ調整に入りそうな感じはします。そのきっかけが何になるのか、1月5日の米ジョージア州で上院選決選投票になるのか、もしくはバイデン米国大統領就任後になるのか、更なる上昇をするには、息抜きも必要です。

個人的には1-2月に調整をして、3月あたりから上昇にしていくのではないかと考えています。

米国株が調整をすれば、日経平均も追従するはずです。コロナの為、東京オリンピック中止となったりとか何か問題が起きれば、多少の乱高下はあると考えています。

ある程度の振るい落としの下落があれば、どこかで買いに転換していくつもりです。年内には日経平均30,000円を目指すと考えていますので、後はそのタイミングを探していきたいと思います。

いつまで、バブルは続くのか。そしてどこまで行くのかを見き分けたいと思います。

よかったら、下記をクリックして頂ければ励みになります

コメント

タイトルとURLをコピーしました